EROSTIKA BLOG

原宿にあるRockin' Jelly Bean -ロッキンジェリービーン- produced SHOP [EROSTIKA -エロスティカ-] の最新情報をお届けします。(~2008/12月まで)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




野良猫ロック・セックスハンター

 1970年に日活が製作した野良猫ロックシリーズの中でもダントツで面白い映画で、もう何度もダビングしたビデオで見つつ日本でのDVD化を待ち続けていたんだけど、「アタイ、ハッパを吸っちゃった」とか「このキチガイが!」とか言うセリフがあるのでたぶん日本版は発売されないだろう、と判断してアメリカ版の「STRAY CAT ROCK:SEX HUNTER」をようやく買った。アメリカ版といっても内容は変わらないし日本語のセリフに英語のサブタイトル付なので何ら変わることはない。以前、LAのエジプシャンシアターで日本映画特集をやっていた時にも見に行ってきたんだけど、最前列でタランティーノが一人で食い入るようにこの映画を見ていた。さすがだと思った。
 しかし、日本人とアメリカ人の映画の見方っていうのは全然違うな。大半のアメリカ人にとって、この頃の日本映画っていうのは完全にモンド扱いをされており、梶芽衣子があのツバの広い大袈裟な帽子をかぶって登場するだけで場内が爆笑に包まれる。また、ススムが殺されるシーンで、何発も銃弾を打ち込まれているにも関わらず、なかなか倒れずに踏ん張っているシーンがスローモーションで再生されるが為にまるでタコ踊りでもしているように見えるシーンなど、隣のオッサンは涙が出るほど笑い転げていて、その時点でかなりドラマの中に入り込んでいた私としてはかなりムっとしてしまった覚えがある。
 確かに、細かい点では色々とボロが出ていたり何で?というシーンもたくさんあるけど、そういった揚げ足取りみたいな映画の見方しかできないヤツとは一緒に見たくないな。(OX)

228100.jpg

スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画





WYLDE '66

ライブ告知お願いしまーす!

"WYLDE '66"
-psychedelic-
5/19 (fri) higashikouenji UFO CLUB
OPEN /23:00
●96 TSUBU NO NAMIDA
●ACID EATER
●THE PILLOW TALK 4 (ex PHANTOMGIFT)
●MUDDY FRANKENSTEIN
●EAGLE NEVER HUNTS

[DJ]
●WILD OX

INFO UFO CLUB 03-5306-0240

 今年はガレージ生誕40周年という事で東高円寺UFO CLUB毎月開催されているこのイベント。今回の目玉はやはり大阪のACID EATERか。来月タイムボムから発売になるDEMONIK FREAK SCENEのCD(ジェリービーンがジャケ書いたヤツです)にも収録されているバンドでむちゃくちゃカッコいいので、みなさん是非遊びに来て下さい!(OX)

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽





『衝撃!マグニチュード×』

 私の読書遍歴というのは、小学生の時に読んだ星新一に始まり、高校生の時に読んだ坂口安吾の「堕落論」で終わっていて、その後大人になってから読んだどんな本も脳みその中に溶け込む事はなく、完全に分離した形で頭の中で浮いており、そのうち排泄されてしまう、すなわち自分を変えるきっかけには成り得ないわけで、恐らくそれはこれから先もずっとそうだろうと思う。それを自覚してからは自ら進んで本を読もうと思う気も起きなくなり、読んだとしても自分の人生には大した影響も与えなさそうなB級犯罪ものやら音楽系やらのいわゆるサブカル系とか、日ごろのストレスを解消するにはもってこいの、感情揺さぶりカタルシスばりばり系の本、食べ物に例えるとトンカツみたいな本しか読まなくなってしまった。

 取り立てて影響されるという事ではないけど、以前にも紹介した神戸発のフリーペーパー「BURST CITY TIMES」(以下ビシット)が結構好きで毎回読んでいる。その中で紹介されているバンドやイベントの情報などは(人生を面白く生きるという意味で)とても役に立つ。で、このフリーペーパーの最も面白いところは、何かにつけいちいち解説をしてくれるというところで、「何故オレっちはそう思ったか?」「何故オレっちはこういう事になったのか?」などなど、まるで就寝前の自己総括のように延々と書き連ねているところだと思う。
 このビシットの表紙に書かれている「どこまでが真実なのか?それは読者のアナタの判断にお任せ致します。必要以上に疑って読んで下さい」という文章は、何もライブ予定の日付があってるのかどうか?とか本当かウソかがはっきりわかるような事に対してではなく、元々真実があるのかどうかも疑わしいものに対して「疑え」と言っているのだろう。つまりオレっち本人の脳みそから右腕に伝達されてペン先から紙に出力されるまでの間に不純物が混じってしまう可能性があるわけで、そこを疑えと言っているのかもしれないが、それはまるでオレっち本人が自分自身に対して言っているような気がしてならない。なぜならただの読み手である我々が、他人の頭の中の真実が何であるかなんて絶対わかりっこないし考える事もないからだ。

 と、このように読んだ人間に無駄に長々と書かせてしまうフリーペーパー「BURST CITY TIMES VOL.25」と、その中でも紹介されている『衝撃!マグニチュード×』オリジナルサウンドトラック特別編集盤CDが入荷しました。(OX)

YMPCD001.jpg


『衝撃!マグニチュード×』
税込み衝撃特価! 2,000円 [初回プレス1,000枚 限定]

■9バンド13曲(全て録り下ろし!)+おまけ 
■各バンドがアートワークを担当した16Pフルカラー豪華ブックレット付き
■収録バンド(順不同)
 ・Bitter Sweet Generation(from TOKIO)
 ・HAT TRICKERS(from TOKIO)
 ・ザ・ノウ(from TOKIO)
 ・the telepathys(from OKAYAMA)
 ・ANN(from WAKAYAMA)
 ・JAPAN-狂撃-SPECIAL(from JAPAN)
 ・ティッシュ
 ・LUCY&THE LIPSTIX
 ・JOHNNY ROCKETS

EROSTIKAにて絶賛発売中です。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽





FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。