EROSTIKA BLOG

原宿にあるRockin' Jelly Bean -ロッキンジェリービーン- produced SHOP [EROSTIKA -エロスティカ-] の最新情報をお届けします。(~2008/12月まで)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




TOKYO JET NIGHT

 昨日はギターウルフが主催する「TOKYO JET NIGHT」へ遊びに行って来たんだけど、その前にふらりとBARN HOMES REDORDSへ。しばし談笑の後、ラウンチハンズの新譜(やっと買った!)と、去年のグラミー賞でミドリのモヒカンが話題になったスライの初期音源集「In The Studio with SLY STONE」を購入。全編「ウッ!ハッ!」系のファンキーなナンバーでテンション高め。かなりいいので、来週のロックン・ロール・ファンクラブでもまわそうかな。
 TOKYO JET NIGHTは毎回すごい客が入るんだけど、今回はミドリという大阪のバンドが人気があるらしく、見事にSOLD OUTになっていたようだ。この日初めて見たミドリはかなりのインパクトがあった。マンガを見てるみたいな気分にさせられた。ボーカルが女子高生の格好をして激しく動いたりジャンプしたりするものだから、パンツが見えてしまうではないかとヒヤヒヤしてしまう場面も多々。8月のロッケンロー・サミットにも出るみたい。
 この日のギター・ウルフはトリではなかったからか、例の人間ピラミッドもランブルでの大ジャンプも見ることは出来なかった。だからといって不満というわけではないが。この日もランブルを弾くセイジさんにリンク・レイがだぶって見えた。そういえば、先日MURPHY'S LAWのメンバーがお店に来てくれたんだけど、話していたらギターウルフの話になって、「あいつらは世界中で一番リンク・レイを理解しているミュージシャンだ」という発言をしていて、これはまたMURPHY'S LAWを見くびっていたぞと思い直したものだ。
 シナロケを最後に見たのはジョーイ・ラモーンの追悼ライブの時だったから、6年ぶりのシナロケだ。鮎川はいつまでたってもカッコいいな。一曲目はギターウルフが最後にやったランブルを引き継ぐかのように再びランブル!最高だ。次にリンク・レイの追悼イベントをやる時は、是非ともシナロケに出ていただきたい!相変わらず勝手な事を言ってますが。(OX)
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽





FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。