EROSTIKA BLOG

原宿にあるRockin' Jelly Bean -ロッキンジェリービーン- produced SHOP [EROSTIKA -エロスティカ-] の最新情報をお届けします。(~2008/12月まで)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




鈴木則文

 ソフビファンにはお馴染みのSUPER7から発売された本"Tokyo Underground "にEROSTIKAが掲載されてから、海外のお客さんが更に増えてきたんだけど、先日訪れたアメリカからの客が「オー!コレハ イケレイコ デスネ!」とか「オーマイガ!スギモト ミキ!」とか相当マニアックな女優名を連呼しながらスケバンTシャツを買って行ってくれた。こいつら何者だろ?と思いながら聞いてみたら、彼らは映画関係の仕事をしているらしく、早速買ったスケバンTシャツを着てこれからとある監督のインタビューに行くのだという。その監督とは,
かの「鈴木則文」だそうだ・・・鈴木監督がそのTシャツを見てどんな反応するか見てみたいものだ。(OX)

SUKEBAN113.jpg

スポンサーサイト




The Stems

 昨日、一昨日と私用で青山方面に出かけていたんだけど、ちょうどキング・ジョー氏の画集"SINGLES GOING STEADY"の発売を記念しての個展を青山のビリケン商会でやっており、しかも昨日はサイン会もあるとの事だったので、ちょっと立ち寄ってみた。先述したような手描きのレコードジャケットに収まった7インチが壁にずらりと並べられており圧巻だ。間違えて頭のおかしい店主がやってるレコード屋に入り込んでしまったみたいだ。アメリカの南部とかに本当にありそうなリアリティーを感じる。 画集の出版元であるPRESS POPの峯岸さんも来ており、ダニエル・クロウズの"LIKE A VELVET GLOVE CAST IN IRON"に出てくるMr.JONESの人形を是非作ってくれ!と懇願してみたら、かなり色んな人から要望があるのだという。この"LIKE A VELVET GLOVE CAST IN IRON"ってのは"GHOST WORLD"なんかでも有名なアメリカのオルタナ系マンガ家ダニエル・クロウズの作品なんだけど、デビッド・リンチ好きな人なら絶対ハマる大傑作。もう30回くらい読んでます。話しは逸れましたが。
 キング・ジョー氏を慕う色んな人達が青山に集まり、和気藹々としている中、サイン入りの画集を購入。早くジェリービーンの画集も出て欲しいものだが、まだしばらくは時間がかかりそうだ。

 その後はPIZZのとこにも行きたかったんだけど、ムーンアイズでも会えるしまあいいかと判断し、夜はシェルターまでオーストラリアのネオガレージバンドTHE STEMSを見に行った。対バンはFACEFULL, SUPERSNAZZ,そしてWIMPYSだ。THE STEMSってのはオーストラリアのパワーポップバンドDM3とかSOMELOVESなんかで活躍していたDOM MARIANIが80年代にやってたバンドなんだけど、ガレージファンからの評価は低く(ネオガレージ自体評価低いですが)、その証拠にいつもならライブに来るような友人知人はほとんど見に来ていなかった。それが実に残念だ、とポップパンク界の大御所氏にこぼしたところ、かなり過激な返答を頂いた。ガレージ好きがんばれ!
 実際ライブは素晴らしい内容で、ファズを繋いだテレキャスターをかき鳴らし、いい声で60sガレージ・クラシックを歌い上げるDOM MARIANIは、FUZZTONESのRUDI PROTRUDIやCHESTERFIELD KINGSのGREG PREVOST並にカッコよかった。さらにオルガンのヤツがすごい。感極まると全身を痙攣させながらコーラスを歌い、顔面を打ち付けんばかりに鍵盤に顔を寄せ、狂った旋律を奏でる姿はまるで棟方志功のようだ。パワーポップコンポーザーとして知られるDOM MARIANIだけど、やっぱりこういったルーツがあるんだよな。彼らは今日もシェルターで、明日は高円寺のどっかでライブがあるようなので、興味のある方は行ってみるといい。(OX)






FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。