EROSTIKA BLOG

原宿にあるRockin' Jelly Bean -ロッキンジェリービーン- produced SHOP [EROSTIKA -エロスティカ-] の最新情報をお届けします。(~2008/12月まで)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




怪獣日和

今週は久しぶりに怪獣太郎怪Zineの仕掛け人である紳士で真摯な友人(というか社長)に会いに行ってきた。

お久しぶりですと挨拶を交わし、小一時間真剣に打ち合わせたところで速攻ビール。おつまみまで届き事務所にて軽い宴スタート。その後場所を居酒屋に移し二次会。
いや、ホントこの紳士で真摯な友人といるといつまで話していても飽きない。ためになる話、たわいもない話、愚痴(笑)、どの話をしても楽しい。おかげで翌日は頬骨辺りから顎にかけてちょっと痛かったですもん。近々出張するらしいので本気でついていこうと画策してます。。。きっと楽しい夜になるはず。。。

そんな紳士で真摯な友人が手掛けている怪Zineの006号がEROSTIKAにも入荷しています。FREE PAPERですのでお気軽に取りに来て下さい。ちなみにちょっと前に届いてますので残り僅かです。お早めにどーぞ。

怪Zine006

今号から「EROSTIKALUTURE」というコーナーで僕とOXが連載を始めました。
何故僕らが?と不思議に思うかも知れませんが、そこは悩まず楽しんでいただけたら幸いです。


で、そんな紳士で真摯な友人に会っている時、お店にはアメリカからお客様がいらっしゃってくれたそうです。
MAX TOY代表のマーク・ナガタさんです。
ナガタさんとは以前1回お会いしたことがあるのですが、その時ちょっとお手伝いさせてもらった件でわざわざご挨拶に来てくれたそうです。律儀な方です。留守にしてまして申し訳ありませんでした。。。

そんなナガタさんが感謝の意ということでプレゼントしてくれたのがこれ。
MAXTOY Special Damnedron

Rumble-Monsters兄のダムドロンにナガタさん自らペイントした1品。このペイント方法だと世界に1つしか無いですね。それからMAX TOYのメインキャラクターでもあるCAPTAIN MAXのTシャツもいただきました。

ナガタさん本当にありがとうございました。
(と、どなたか英語でナガタさんにお伝え下さいませ。。。)

さぁ、そろそろ新しいソフビでも作りましょうね!先生!!

そんな怪獣日和な週でした。(mai*2)
スポンサーサイト




Rockin' Jelly Bean 講演会

kouenkai.jpg

 3/9(日)に八王子の専門学校の卒業記念イベントで、ロッキン・ジェリービーンによる講演会(!?)トークショウ(?)が開催されます!

kouenkai2.jpg


イベント名/日本工学院八王子専門学校
        マルチメディア科卒業制作展・グラフィックデザイン科          
        進級期修了制作展「JELLY BEANS」(今年のイベント   
        イメージタイトル)
日時   /3月9日(日)open10:00〜close16:30
       ゲストトークショー 15:00〜16:00
出演者  /Rockin'Jelly Bean、Jelly Bean Girls
        Ryo(ex, The Titans)
 
場所   /パルテノン多摩 特別展示会場
アクセス /京王線・小田急線・多摩モノレール 多摩センター駅
       下車徒歩5分
       京王線中央改札口、小田急線�改札西口より左へ
       パルテノン大通り(遊歩道)つきあたり
入場料 /無料

詳しい場所はこちら↓
kouenkai1.jpg



 こういったアカデミックなイベントにまで出演されるとは・・・さすがですね。当日はタイタンズのベーシストでもあるリョウさん(アートスクールの先生)とのトークショウという事ですから、セドリックスとタイタンズの2マンライブを見に行くような気持ちで、みんなで遊びに行きましょう!(OX)



ポスター再入荷

売り切れていたCHEERHEADZのポスターがLAから再入荷いたしました。

CHEERHEAD.jpg

EP-P7"THE NAUGHTY CHEERHEADZ" SILK SCREEN POSTER
SIZE: 890mm*573mm
POSTER:10,290YEN
FRAME:11,340
 

そしてなんとあのVELVET HAMMER BURLESQUEもごく少量ですが入荷できました。全部で55枚しか存在しないポスターなのでお早めにどうぞ!当然ナンバリングも直筆サインも入っております。

VHB.jpg

VHB-P1 "VELVET HAMMER BURLESQUE" SILK SCREEN POSTER
SIZE:452x630mm
POSTER:20,790YEN SOLD OUT
FRAME:5,775YEN


上記アイテムは全て通信販売も出来ますので、購入をご希望の方は下記項目を明記の上 order@erostika.net までご注文ください。
※注)代引きの場合商品の合計金額の他に、お住まいの住所と商品の合計金額によって送料と代引き手数料が別途かかりますので、あらかじめご了承ください。詳しくは こちら をご覧下さい。

●郵便番号(半角):
●お届け先住所:
●電話番号(半角):
●氏名(フリガナ):
●ご希望の商品名:
●ご希望のサイズや色:
●商品の受け取り方法「代引き」か「店頭で引き取り」か:
●その他ご希望商品・ご意見ご感想など:

お電話でのご注文は、03-5775-0924まで営業時間内(AM11:00~PM8:00、水曜定休日)にお願いいたします。

その他、お問い合わせやご質問は03-5775-0924まで営業時間内(AM11:00~PM8:00、水曜定休日)にお電話していただくか、info@erostika.netまでメールでお問い合わせ下さい。(EROSTIKA)



その他にもEROSTIKAで現在取り扱っているROCKIN' JELLY BEANポスターのカタログはこちらをご覧ください。
http://erostika.blog65.fc2.com/blog-entry-384.html




「ROCK'N'ROLL FAN CLUB」

DECKREC PRESENTS
ROCK'N'ROLL FAN CLUB」at 新宿レッドクロス

2/29(金)
OPEN 18:30 START19:00

【BAND】
the Mighty Moguls
Diesel Ann
Charlie & The Hot Wheels
LONESOME DOVE WOODROWS

DJ : WILD OX(EROSTIKA)

前売り¥2.000(D別) 当日¥2.500(D別)

チケット予約はEROSTIKAでも受け付けています。
名前と枚数を書いてメール下さい。当日精算になります。
info@erostika.net

 大変残念なことに、この日を含めてあと3回のライブでCharlie & The HOTWHEELSは活動を休止するそうです。まだ見た事のない人は特に見に来て頂きたいライブですね。(OX)




"POP DELIC" ポップデリック 再入荷

popdelic.jpg


 今月号のストバイにも掲載して頂きましたRockin' Jelly Bean, Von Franco, Dirty Donnyによる新ブランド「POP DELIC」のボックスTシャツが再入荷いたしました。また、前回入荷できなかったDIRTY DONNYも全種類入りました!


DIRTY DONNY BOX SETS
PDBOX.jpg

すべてのTシャツが、このスペシャルBOXに入っています。



PD001.jpg

PD-001 "SKATER" BOX T-SHIRT※GLOW IN THE DARK
COLOR - WHITE
SIZE - S, M, L, XL
PRICE - 5,040YEN


PD002.jpg

PD-005 "ICE CREAM" BOX T-SHIRT※GLOW IN THE DARK
COLOR - WHITE
SIZE - S, M, L, XL
PRICE - 5,040YEN


PD003.jpg

PD-005 "RECORDZ" BOX T-SHIRT※GLOW IN THE DARK
COLOR - WHITE
SIZE - S, M, L, XL
PRICE - 5,040YEN


PD004.jpg

PD-005 "SURFER" BOX T-SHIRT※GLOW IN THE DARK
COLOR - WHITE
SIZE - S, M, L, XL
PRICE - 5,040YEN



VON FRANCO BOX SETS
vonbox.jpg

すべてのTシャツが、このスペシャルBOXに入っています。



pd005.jpg

PD-005 "PAINTER" BOX T-SHIRT
COLOR - WHITE
SIZE - S, M, L, XL
PRICE - 5,040YEN


pd006.jpg

PD-006 "RIDER" BOX T-SHIRT
COLOR - WHITE
SIZE - S, M, L, XL
PRICE - 5,040YEN


pd007.jpg

PD-007 "SHIFTER" BOX T-SHIRT
COLOR - WHITE
SIZE - S, M, L, XL
PRICE - 5,040YEN


pd008.jpg

PD-008 "RODDER" BOX T-SHIRT
COLOR - WHITE
SIZE - S, M, L, XL
PRICE - 5,040YEN


ROCKIN' JELLY BEAN BOX SETS
barbabox.jpg

すべてのTシャツが、このスペシャルBOXに入っています。



pd010.jpg

PD-010 "TOPAZ 08" BOX T-SHIRT
COLOR - WHITE
SIZE - S, M, L, XL
PRICE - 5,040YEN


pd011.jpg

PD-011 "GARNET 08" BOX T-SHIRT
COLOR - WHITE
SIZE - S, M, L, XL
PRICE - 5,040YEN


pd-012.jpg

PD-012 "SAPHIRE 08" BOX T-SHIRT
COLOR - WHITE
SIZE - S, M, L, XL
PRICE - 5,040YEN






【SPEC】 (全Tシャツ共通)
S 身幅/43CM 着丈/66CM
M 身幅/49CM 着丈/68CM
L 身幅/54CM 着丈/71CM
XL 身幅/59CM 着丈/74CM



 購入を希望の方は、EROSTIKA店頭もしくはDEALERS LISTに掲載されているお店までお越しいただくか、お問い合わせ下さい。

 また、近所にお取り扱い店のない方は通販も承っております。ご購入を希望の方は、下記項目を明記の上、 order@erostika.net までご注文ください。
※注)代引きの場合商品の合計金額の他に、お住まいの住所と商品の合計金額によって送料と代引き手数料が別途かかりますので、あらかじめご了承ください。詳しくは こちら をご覧下さい。


●郵便番号(半角):
●お届け先住所:
●電話番号(半角):
●氏名(フリガナ):
●ご希望の商品名:
●ご希望のサイズや色:
●商品の受け取り方法「代引き」か「店頭で引き取り」か:




小学生ライオット

syougakuseiriot.jpg

 先日お伝えした小学生パンクRYO & THE HEARTBREAKERSですが、昨日からEROSTIKAでも販売しております。通販も承っておりますのでよろしくお願いします。

syougakusei2.jpg

小学生ライオット/RYO & THE HEARTBREAKERS(CD)
LABEL:GREASE UP
1,680YEN

TRACK
01. Born to Lose
02. Holidays in The Sun
03. Student Riot
04. Too Much Junkie Business
05. Let's Get Party,Tonight
06. Yamada San
07. Sad Vacation




VINTAGE TOY KEY CHAIN

skullkey.jpg


skullkey1.jpg

 アメリカで買い付けてきたものも少しずつですが、お店に出していく予定です。上の写真のどうしようもないくらいチープなSKULL KEY CHAINは70年代くらいのものでしょうか。もう一枚の写真のほうはSKULL&CROSS BONEやホットドッグやら干し首やら色んなものが。こっちはもう一掴みいくらみたいな世界ですな。(OX)




UMA Final

先日から話題になっていたUMAですが、皆様から暖かい情報をたくさんいただきましてほんの少しですが謎が解けてきました。

ですが、まだまだ未知の部分が多いこの未確認生物。今後もわたくしのライフワークとして全力を挙げて情報を収集して行きたいと思います。

I WANT TO BELIEVE


皆様からの情報は一旦締め切らせていただきますが、もし日本でも同様なお姿を見かけましたらEROSTIKAまでご一報下さい(笑。。。(mai*2)





RYO & THE HEARTBREAKERS

 今週末はなんだかやけにいいタイトルが発売開始になるようだ。もはやプレミアがつきまくっている「デスレース2000」やジョン・カーペンターの傑作「要塞警察」のデラックス版、GRINDHOUSEからは「デス・プルーフ プレミアム・エディション」、さらに不良番長シリーズ待望の全作DVD化などなど。期待作が目白押しとなっているけども、忘れちゃいけないのがRYO & THE HEARTBREAKERSの1stミニアルバムがいよいよ明日2/22に発売になるという事だ。

syougakusei.jpg


 知ってる人は知ってると思うけど、このバンドのギター&ボーカルのリョウはまだ小学生だ。そしてプロデュースはラフィン・ノーズのポンさんだという。モーニング娘やら卓球少女やらゴルフ少年やら色んな方面で年端もいかぬ子どもが世間で活躍している昨今ではあるが、なんとこれはパンク小学生だ。手に持っているのはなんと飛び出しナイフだ。これは危ない!
 以前からリトル・エルビス・リュータさんからお勧めされていたんだけど、なかなかタイミングが合わずに結局いまだ一度もライブは見ていないんだけど、先日渡されたCDを聞いて驚いた。言っておくがこれはカルトでもモンドでもない。本物の小学生によるロックだ。大人がやっているのと同じようにロックを愛し、同じ手順でバンドを組み、ライブをやって、そしてCDをリリースしたのだ。
 若いことは素晴らしい事であるけれど、時に若すぎることは不幸につながる事もある。そこをきっちりと理解し、こうしてレコードをリリースさせたリュータさん、PONさんの功績はとてつもなく大きいと思う。(OX)







続・UMA

先日のUMAの記事を読んだと思われる人物からメールが届いた。

「あんな写真いつの間に撮られてたのか・・・ぜんぜん気づかなかった!」

謎は深まるばかりだ・・・(mai*2)





Mr.T's BOWL

chop.jpg

 この間 Mr.T's BOWLで行われたThe CHOPSTICKSのライブでは、たくさんの友人知人にも久しぶりに会えてよかった。チョップスのドラムRoy(YOSHIO)や、その彼女(!?)でもあるNikki Corvette、The Ghastly Onesの連中や、Guilty HeartsのEdger、The CheckersのJudy、BellraysのTonyと奥さんのアキコさん、元プラレタのツバサ君、その他にも前々から話だけは聞いていた絵描きのエースさんとも対面を果たす事ができた。
 私は普段写真を撮る事がないので、ビデオカメラ持参でばっちりThe CHOPSTICKSのライブもきっちり全部撮ってきた。これでライブの様子を伝えようと思っていたんだけど、やり方がよくわからないな。YOU TUBEに載せたりしたいんだけど。
 この日はゲスト多数で、途中から元プラレタのツバサ君、BellraysのTony、The DAZESのメンバー、そしてNikki Corvetteがゲスト参加で、最終的には10人くらいでステージ上でパフォーマンスというかなり賑やかな感じでニッキさんの"Boys, Boys, Boys"を披露。
 最後のThe Black Widowsだけど、随分前に一回見たきりの記憶を頼りに「ファズの無いデビー・アレンみたいな感じ」と書いたけど、やっぱりそうだった。デビー・アレンからファズを抜いたらシャドウズみたいな感じになりそうな気がするけど、もっとワイルドな感じ。衣装が全身黒タイツから忍者みたいな衣装に変わっており、前回見た時には確か激しい動きを見せていたので、やはり運動性を重視して衣装換えしたかと思ったけど、よく動くのはパーカッションのみ。フロント全員職人のように弾きまくる。このバンドもかなりオタク臭くて大好きだ。

 オタク臭いバンドといえば、LAにはThee Cormansというバンドがいて、これはかなりやばい。絶対知ってるやつだと思うんだけど、顔が見えないので何とも言えないのがもどかしいのです。(OX)





VWのナンバープレート

 今回のLA滞在中に手に入れたものの中で一番高かったもの。VWのナンバープレート。他にステアリングウィールもあったけど、私のVWにはつかないので断念。

vw.jpg


 詳細はわかりませんが、ドイツ人夫婦のやってるお店で購入。訪れるたびに色んなナチス将校の写真を見せられて、まるでテストをするかのように「これが誰だかわかるか?」と聞いてくるのがウザいですが、正解する度に奥から新たにレアな商品を出してきてくれるので、こちらも答えがいがあるというもの。ちなみにこのクイズ、もし不正解だと非常に冷たくあしらわれます。(OX)




UMA

本日早朝のことだ。
泥酔して帰宅し、メールチェックをしていると、ある一通のメールに目を奪われた。
そして一瞬で酔いが覚め、心臓が止まりそうな衝撃を受け、小一時間身悶えてしまった。。。

差出人は「Rockin'Jelly Bean」となっていた。
どうやら先日まで訪れていたロスでの、未確認生物との遭遇の話らしい。
Rockin'Jelly Bean氏と数時間に及ぶ協議の結果、渋々だが掲載の許可が下りたのでここに氏から来たメールをそのまま掲載する。

※なお、この先は大変危険ですので心の準備をし、自己で責任を負える方のみお進みください。


















↓以下Rockin'Jelly Bean氏からのメールをそのまま掲載
-----------------------------------

○月○日 at Hollywood, Los Angeles

我々はチェックアウトを済まし、
少し早いと思ったが時間をもてはやしていたためそのままアミーバ・レコードへ向かった。

そしていつものように奥のシングルコーナーに何気なく歩いていくと…

そこで見た光景はっ!!!!


latd_image01.jpg

ん??? な、な、なんだ!この威圧感!!!

まるで自分の実家にでもいるかの如く、我がもの顔にこのシングルコーナーを占拠している男。
いや、真夏の旭山動物園の月輪グマのようにも見える…

周りの地元外人達も心なしか遠慮気味だ…


latd_image02.jpg

そして彼、
相当集中しているらしく全く周りも見えていないらしい…

しかしこんなに無防備に日本男児が背中をほり出しててもよいものだろうか!
ゴルゴなら言語道断だ!



latd_image03.jpg

こんなに近くで撮影しているシャッター音もまっーーー ったく聞こえないらしい

坂本龍馬は幼きときより常に頭の上に大石がぶら下がっていることをイメージし俊敏性"背中の目"を養ったという
これでは背後から撃ち殺されてもまったく仕方ない。
いや、撃ち殺されて当然である!


latd_image04.jpg

この角度からでも全く気にかからないようだ
勿論この異様な雰囲気に周りの外人達も一時消えてしまった…


latd_image05.jpg

そしてレコードを繰る手は素早く!デジカメでも写すことは出来ない!

そろそろあたりも騒然としてき、店員もセキュリティーに連絡し
今後の展開についてLA市警とも相談しているようだ…


latd_image06.jpg

折角なので記念撮影をしてみた。


とても危険な行為である


latd_image07.jpg

私も最後の勇気を振り絞り撮影を試みた。。。

ちなみに、後ろの外人はあまりの恐怖に失禁し、その場を一歩も動けないようだ




と、とても奇跡的な現場に居合わすことがでた我々は足早にこの場を去ったのであった…


この都市伝説、信じるも信じないも、あなた次第です、、、、、


   RJB-バーグ

-----------------------------------
↑ここまで


この未確認生物の情報をお持ちの方はEROSTIKAまでご連絡ください!
どんな些細な情報でも構いません(笑。。。(mai*2)






LINKIN PARK

 LINKIN PARKというバンドがあって、グラミー賞取ったりしてるかなりすごいバンドなんだけど、そのメンバーの一人JOE HUHNがロッキン・ジェリービーンの大ファンで、来日するたびにお店にも立ち寄ってくれる。で、先日も知人から連絡があって見た雑誌がこれ。

avril.jpg

アヴリル・ラビーンが表紙のティーン向け雑誌なんだけど、この中でLINKIN PARKのインタビュー記事が載っていて、ジョー・ハーンが"Escape From Women Prison"のTシャツを着てくれており、かなり驚いたものだ。

linkin.jpg

 ジョー・ハーンはこんな感じのかなりオタク度の高いナイスガイだ。ジョーはかなりの日本通で、アニメや映画が大好きらしく、その趣味の広さはかなりのもの。バンドを始める以前は映画スタジオで働いていて、ギャストリーワンズのノーマンの同僚でもあった。彼はLAのメルローズ沿いヘッドラインレコードの近くでTシャツやおもちゃを扱うお店を経営しており、それがうちの商品を扱ってもらっている「SURU」というお店。今回LAに行ったついでにジェリービーンと一緒に遊びに行ってきました。

左から、Rockin'Jelly Bean, Noel (SURUのマネージャー)、Joe Huhn, OX, MOMO
latp08-7.jpg

コリアタウンにあるむちゃくちゃウマい焼肉屋で話は盛り上がりました。いい感じになりそうです。(OX)



THE BAWDIES / AWAKING OF RHYTHM AND BLUES

 THE BAWDIESの2ndアルバム「Awaking of Rhythm And Blues」がEROSTIKAにも入荷しました。

bawlp.jpg

THE BAWDIES/AWAKING OF RYTHM AND BLUES
LABEL:SEEZ RECORDS
PRICE:2,300YEN

 今回はなんと全曲オリジナル。頑張りましたね。ジャケットには飛行機まで一緒に写っており、ラグジュアリー感満載ですが、内容はかなりいいです。

このPVもかなりすごいですね。
THE BAWDIES - I'M IN LOVE WITH YOU




 上記PVの曲も収録されている2nd アルバムですが、LPとCD両方ともリリースされております。購入希望の方は下のバナーをクリックしてください。

MUSICBANNER.jpg





マグカップ

 ところで私は、マグカップを集めるのが好きで、コレクションというほどではないが、割と所有している。最初の頃はFire King, PYREXGlassBakeなんかをスリフトやフリーマーケットなんかで買って喜んでいたものだけど、最近はもっぱらレストランのお土産マグばかり買うようになった。今回LAで買ってきたのはダウンタウンにあるサンドウィッチ屋Phillipeのマグと、同じくダウンタウンのOriginal Pantry Cafeのマグ。それとRosemeadにあるTiki Restaurant BAHOOKAのティキマグ。マグはどちらも真ん中がくびれてどっしりと厚ぼったい典型的なダイナーマグだ。ティキマグの方は後にTiki Farm製と判明。別注か?

pantry.jpg
philippe.jpg

 マグカップを買う上で重要なのはデザインは言うまでも無いけど、やはり口にあたる部分の感触が何よりも重要だと思う。洋服を着る時に試着したり、レコードを買う前に試聴したりするのと同じように、マグカップも試飲(フリだけでもOK)できればいいのだけど、いきなり売っているマグに唇を触れさせて試すのはなかなか勇気のいる事だろう。昨日から販売されたDevil's Donutsのマグカップだけど、これは唇の感触は最高だ。私が保証するので、是非これでコーヒーを飲んで頂きたい。(OX)




FRANK'S COFFEE SHOP

 先週は久しぶりにEROSTY POP! LAや、LAでの販売店であるSURUなどに行って打ち合わせをしてきたんだけど、久々のLAはやっぱりいい。ただ旅行に行こうってのなら他の場所に行くほうがよっぽど楽しいに決まってるんだけど、LAには変なヤツが集まってくるので、それがまた面白い。今回の滞在中に非常に心に残ったエピソードがあって、それはバーバンクの寂れたコーヒーショップでたまたま隣り合わせた男の口から語られたこんな話だった。

 ケンタッキーの田舎町で暮らすジャックは今年で44歳になる。2歳の時に父を亡くし、それからは小さなドーナツ屋を経営する身体の弱い母スーザンと二人暮しだった。  
 子どもの頃からずっと好きだった母スーザンのドーナツ。病弱の母に代わってドーナツ屋を手伝うことも多かった。「やっぱりママ一人じゃダメね。」お店の手伝いをすると、ジャックの為だけにスーザンが特別に作ってくれていたドーナツがあった。刻んだチェリーがたっぷり入ったグレイズドドーナツは、メニューには載っていないジャックの為だけのスペシャルドーナツだった。ジャックはこのドーナツ目当てで毎日欠かさず手伝いをしていた。ジャックがあまりにもこのドーナツに夢中になっていたので、スーザンは「まるで悪魔にとり憑かれたみたいね」と笑いながらこのドーナツをジャックの為に作ってくれていた。丁度その頃、映画「エクソシスト」が世間で流行していた時だった為、ジャックは悪魔に憑かれたリンダ・ブレアの真似をして白目を剥きながらドーナツにかぶりつき、母親を笑わせたりしていた。こんな小さなプレゼントを心から喜んでくれているジャックを見て、スーザンは本当に幸せだと感じていた。 
 思春期を迎えたジャックが、ある日の朝起きていつものように朝食を摂りにスーザンのドーナツ屋へ行くと、もう一人見慣れない男がキッチンにいた。常連客の一人デイブだった。仲睦まじくドーナツつくりをしている二人をガラス越しに呆気に取られたように見ていたら、スーザンはジャックを中に招きいれ「デイブさんよ」といって紹介してくれた。「よろしくジャック」そういって男は手を差し出してきた。どうしてデイブがここにいるのかわからないままジャックは母親から差し出された朝食のプレートに目をやると、いびつな形をしたドーナツが載っていた。「ジャック、キミはそのドーナツが好きらしいね。実は僕も大好きなんだ。今度からママと一緒にこいつを店の看板メニューにしようと思ってね。僕が作ってみたんだけど・・・味はどうかな?」そういって白い歯を光らせて笑うデイブに、ジャックは今まで感じた事のない不安と焦燥感を覚え、マグカップに並々と入ったネスクイックを一口だけ飲んでそのまま学校へ行った。その後、スーザンとデイブはささやかな結婚式を挙げ、デイブはジャックの二人目の父親となった。
 地元のハイスクールに入学したジャックは、当時一世を風靡していたDURAN DURANなどにつばを吐き、やっぱり男はJudas Priestだよなと言ってヘビーメタルにはまり、敬虔なカトリック 教徒の多い田舎町ではすっかり浮いた存在になってしまっていた。鋲付のリストバンドをオラオラとこさえたり、叔父さんからのお下がりの革ジャンを無理やりベストに作り変え、それらを身に着けて学校へ行く毎日だった。そんな毎日を過ごすジャックだったが、スーザンが風邪をこじらせ入院してしまった時はさすがにショックだった。何だかんだ言って母親に甘えて生きてきたジャックは、レザーの上下を着る事によって自尊心を保ちつつ、病院にお見舞いに行くようになった。
 「ママ、無理しちゃだめだよ。僕にとってはこの世でたった一人のファミリーなんだから」そう言って母親の手を握るジャック。鋲が刺さるといけないと思い、病室に入る前にきちんとリストバンドだけは外すジャックの心の優しさを、スーザンはちゃんとわかっていた。「嬉しいわジャック。でもたった一人のファミリーなんて言っちゃだめよ。あなたにはデイブという父親がいるじゃない」 そう言って顔を覗き込む母親の目を、ジャックは見る事ができなかった。あんなヤツ・・・父親なんかじゃない・・・!そう自分自身に強く言い聞かせ、唇を固く結んだまま、ジャックは病室を後にした。
 
 入院している母親に代わって、ハンク・ウィリアムスの流れる店内で毎日店にたっていたデイブ。手つきもドーナツの味ももう堂に入ったものだ。鼻歌まじりにドーナツを揚げてはいるが、やはり妻スーザンの事が気がかりで仕方ない。そんなナーバス気味なデイブにとって、ジャックのイカレた服装は目障り以外の何物でもなかった。
 「ヘイ、ジャック。お前の言う事もわからんでもない。しかしその格好はなんだ?まるでハードゲイじゃないか。」ある朝、ちょうど学校へ向かおうとしていたジャックにそう言って諭そうとする父親いやさデイブ。虫の居所の悪かったジャックとデイブは、すぐさま言い合いになった。「アンタに音楽の何がわかるんだよ!これがオレのスタイルなんだよ!」ジャックは悔しくて仕方なかった。オレから母親を奪い、そして今度は音楽まで奪うのか?そう言いたかったが、興奮しすぎて言葉にならなかった。やり切れない衝動はたまたま手近に置いてあったドーナツとパウダーシュガーへと向かった。「ドーナツなんて甘いもん食えねーんだよ!」そういってデイブの作ってくれたドーナツをこれ見よがしにゴミ箱に捨て、パウダーシュガーの入った容器を勢いに任せてデイブに投げつけて勢いよく店を出て行った。背後から聞こえるガラスの割れる音とデイブの怒号に恐れをなしたジャックは、怖くて後ろを振り返ることができなかった。そのままジャックは家出をした。当ても無く歩き回り、たまたまフリーウェイの入り口で出会ったヒッピーに拾われ、シアトルまで連れて行かれた。ドラッグの味もその時覚えた。童貞もその時捨てた。2週間も連れ回されて帰ってきたら、母親の葬式が行われた後だった。ジャックはそのまま家に帰らずに再び家出をした。大好きだったドーナツはそれ以来一度も口にしていない。  

 男はそこまで一気に話し終えるとコーヒーを一口飲んでから、じっと私を見つめてきた。その視線に耐えられなくなった私は眼をそらし、男に聞いた。で、ジャックはそれからどうなったんですか?男は咳払いを一つしてからこう言った。その後ジャックは町を離れてNYに向かったらしいよ。その後どういう人生を歩んだのかはよくわからない。コメディアンでも目指したかもしれないし、もしかしたらバンドを始めたかもな。
 一体何が言いたいんだこいつは?典型的なアメリカ人のドロップアウト人生なんて世の中に溢れすぎていて、もはや古典としか言いようが無い。そんな話を3時間も黙って聞いているなんて時間の無駄だ。思い切って核心に触れようと思い、聞いてみた。いまのストーリーはあなた自身のものですか?と。すると男はこう言った。いや、これはただの作り話だよ。ただ、私とジャックには二つの共通点があるんだ。一つは思春期に母親をなくしているという事。もう一つは私もJUDAS PRIESTが好きだという事。キミはどうだい?JUDAS PRIESTは好きかい?そう言いながら、彼は私の手を握ってきた。慌てて私は男の手を振り解き、コーヒーショップを後にした。まったく、随分と遠まわしなナンパをしてくるホモ野郎だぜ!


frankscoffee.jpg

 写真のFRANK'S COFFEE SHOPはバーバンクのOlive Ave沿いにあるお店で、第二次大戦後にドイツから移住してきた80歳くらいのお婆ちゃんが現役でウェイトレスをしており、日本人にはやたらと優しいのだ。で、このOlive Aveをしばらく西に行くと映画True Romanceでクラレンスとアラバマが泊まっていたSAFARI INNなんかもあるので是非行ってみるといいだろう。(OX)



DEVILS DONUTS Series 販売開始

2007年の春発売して大好評いただきました「WILD DEVIL Wrecker Service」の第2弾がいよいよ登場!

WILD DEVIL Seriesと銘打って継続することになった今回のDEVIL Seriesは「DEVILS DONUTS」!

本日からDEVILS DONUTS Seriesの販売を開始します。

WDD-001



●"DEVILS DONUTS" SS T-SHIRT
WDD-002
EDD-003
★WDD-001 "DEVILS DONUTS" SS T-SHIRT
COLOR : BROWN , YELLOW , WHITE
SIZE : XS, S, M, L, XL
PRICE : 5,040YEN

【SPEC】
XS : 身幅/43CM 着丈/60CM
S : 身幅/49CM 着丈/66CM
M : 身幅/52CM 着丈/70CM
L : 身幅/55CM 着丈/74CM
XL : 身幅/60CM 着丈/77CM

WDD-004
※初回限定としてTシャツ用特製BOXがおまけで付きます!BOXは在庫が無くなり次第終了です。



●"DEVILS DONUTS" Mug Cup
WDD-005
★WDD-004 "DEVILS DONUTS" Mug Cup
COLOR : WHITE (専用BOX付き)
SIZE : 高さ約10cm , 直径約8cm
PRICE : 1,890YEN

※デッドストックのマグカップのため、限定100個のみの販売となります。



●"DEVILS DONUTS" Fastfood Tray
WDD-006
★WDD-005 "DEVILS DONUTS" Fastfood Tray
COLOR : Ivory
SIZE : 35cm x 27cm
PRICE : 1,890YEN

※ファストフード等で使われているポリエチレン製のトレーです。



●"DEVILS DONUTS" KEY CHAIN
WDD-007
★EKC-004 "DEVILS DONUTS" KEY CHAIN
COLOR : YELLOW , WHITE (PVC製)
SIZE : 45mm x 72mm
PRICE : 630YEN


以上がDEVILS DONUTS Seriesの第1弾商品になります。

購入を希望の方は、EROSTIKA店頭もしくはDEALERS LISTに掲載されているお店までお越しいただくか、お問い合わせ下さい。

また、近所にお取り扱い店のない方は通販も承っております。

通信販売を希望の方は、下記項目を明記の上、 order@erostika.net までご注文ください。
※注)代引きの場合商品の合計金額の他に、お住まいの住所と商品の合計金額によって送料と代引き手数料が別途かかりますので、あらかじめご了承ください。詳しくは こちら をご覧下さい。


●郵便番号(半角):
●お届け先住所:
●電話番号(半角):
●氏名(フリガナ):
●ご希望の商品名:
●ご希望のサイズや色:
●商品の受け取り方法「代引き」か「店頭で引き取り」か:


DEVILS DONUTS Seriesの第2弾商品は今月末~来月には発表できると思いますので、そちらも是非お楽しみに!皆様からのご注文をお待ちしております(EROSTIKA)




mistake...

怒濤の7連チャン出勤も無事?終えたのも束の間、明日の定休日に間違えて打ち合わせを入れてしまい、怒濤の9連チャンで仕事と相成りました。無念。。。
しかし!2/14(木)に新商品の発表が出来ると思えば楽勝楽勝!皆様木曜日をお楽しみに!!


cl owabi 01

さて、今年の1/4の初営業日から先着順でお配りいたしました2008.EROSTIKAカレンダーですが、大変なミスに気付いてしまいました。今年は4年に1度のうるう年。なのにわたくし何を勘違いしたのか2月28日までしか記載しておりませんでした。

cl owabi 02
うるう年の2月29日に生まれた皆様、本当に失礼いたしました。

是非「28」の右隣に「29」とマジック等で記入してお使い下さいませ。
また、3月以降の日付と曜日に関しまして、ビシッーと正確に合っておりますのでそのままご使用いただけましたら幸いです。(mai*2)




WE WANT MAD 3 T-SHIRT!

予告したとおり今日も書く。

昨日もう一人お店にいらっしゃってくださったスペシャルなお客様とはロックンロールの申し子、MAD 3のEDDIE LEGENDさん。

先日のLIVEを最後に惜しまれながら充電期間に入ってしまったあのMAD 3のEDDIEさんだ。

初めてMAD 3を見たのは今から13~14年前になるかなぁ。まだ下北沢にSLITSというライブハウスが有った頃、Jackie and the Cedricsとの2マンで対バンしてたのがMAD 3だった気がする。今からは想像できない衣装で演ってた記憶がある。そして爆音すぎてギターの音しか聞こえなかった思い出もある。だけど目の前でギターを弾くEDDIEさんのバカテクに感動したのだけは決して忘れない。

ってそんな思い出話はどーでも良くて、何故昨日EDDIEさんがわざわざEROSTIKAに来たかの話に戻しましょう。

昨年の9月に世界限定1,000枚発売されたMAD 3の10inch「HATE MAN」は皆さん覚えていらっしゃいますでしょうか?このジャケットのデザインをしたのがご存じ我らがジェリビン。そのジャケットの絵を大胆にプリントしたTシャツがなんと秘密裏に発売されていたのです。今まではMAD 3のLIVEを見に行かないと買えなかったこのTシャツをEDDIEさんのご厚意によりましてこの度EROSTIKAでも販売出来ることとなりました!!そしてEDDIEさん自ら昨日納品に来てくれたんです!!!ちょっと感激したもの・・・


hate man t

MAD-001 "HATE MAN" T-SHIRT
COLOR: BLACK
SIZE: XS , S , M
PRICE: 3,990YEN

【SPEC】
 XS - 身幅/42CM 着丈/57CM
 S - 身幅/47CM 着丈/63CM
 M - 身幅/52CM 着丈/68CM

 ※サイズはXS,S,Mの3種類になりますのであらかじめご了承ください。

 通販でのご購入を希望の方は、下記項目を明記の上、 order@erostika.net までご注文ください。
※注)代引きの場合商品の合計金額の他に、お住まいの住所と商品の合計金額によって送料と代引き手数料が別途かかりますので、あらかじめご了承ください。詳しくは こちら をご覧下さい。


●郵便番号(半角):
●お届け先住所:
●電話番号(半角):
●氏名(フリガナ):
●ご希望の商品名:
●ご希望のサイズや色:
●商品の受け取り方法「代引き」か「店頭で引き取り」か:


さぁ、このTシャツを着てMAD 3の復活を待ちわびましょう!WE WANT MAD! WE WANT MAD!!

ちなみに世界限定1,000枚の10inch「HATE MAN」も少し在庫が有りますので、まだ手に入れられて無い方はお早めにどーぞ。(mai*2)





久々

最近いろんな人からBlogを書かないと責められたので久しぶりに書いてみます。

と、その前に業務連絡です。
昨日から相棒のOXがロスに出張に出ております。OXファンの皆様には大変申し訳ないのですが、14日の帰国まではわたくしがず~っと店番をしておりますのであらかじめご了承くださいませ。。。ちなみにジェリビンもただ今ロスに行っておりますのでジェリビンにご用の方もEROSTIKAまでご連絡下さい。


で、最近店にも出ないで何をしていたかというと、特に何もしていない気がする。
相変わらず倉庫に片づけに行ったり、展示会に顔を出したり、打ち合わせをしたり、イベントに呼ばれたり、呑んだりで。。。結構頑張ってるなぁ。。。

その中でも特に感慨深かったのは、2/3に渋谷AXで行われた怒髪天の「LIFE BOWL TOUR07-08 "for beautiful 不惑 in life"」最終公演ですね。

dohatsu logo
現在の怒髪天のHPのトップ画像。デザインはジェリビン。

僕とハッピー(今はアニィとか兄貴とか呼ばれてるみたいだけど・・・)こと増子さんに出会ったのは今から9~10年前。今は無き幡ヶ谷のP.P.B.STOREというお店の初代店長がハッピーで二代目店長が僕。その頃怒髪天は休止してたんだけど、怒髪天復活という話になり同時に店は辞めざるをえなくなり、何故か当時引きこもっていた僕に白羽の矢が立ってしまい店の引き継ぎという儀式で出会いました。
(多分その前にも何回か会ってるんだけど、これだ!っていう出会いを覚えてないのでこの時を出会いとしましょう。。。)

その後しばらくはハッピーとメールのやりとりはしてたんだけど、怒髪天が忙しくなるにつれ連絡もおろそかになり、僕は僕で引っ越し人生だったので連絡先もわからなくなってしまい、久しぶりに会ったのは4~5年前の何かのイベントだった気がする。その後、僕はOXとEROSTIKAを立ち上げ、ハッピーが頻繁に遊びに来てくれるようになって現在に至るって感じかな。

ま、そんなハッピーが今日も遊びに来てくれて「今年は20周年だ!」とのこと。
本当におめでとうございます。

でも「来年は25周年だ!」とも言ってる。

何故?と思っていたら
「今年は今のメンバーになって20周年。来年は怒髪天結成25周年」ということらしい。
ますますおめでとうございます。

本日はハッピーと今年の20周年に怒髪天 x EROSTIKAで何かやりたいねぇ。。。なんて話をしてました。実現させたい、いや実現させないとですね。頑張ります。

次回の僕のお楽しみは、4月19日(土)日比谷野外大音楽堂で行われる「トーキョーブラッサム スペシャル "男盛ノ花盛 in 野音"」。怒髪天はもちろんのこと、スペシャルなゲスト?対バン?も準備されているそうなので、皆様も是非遊びに行ってはいかがでしょうか?スペシャルなゲストは2/14(木)のバレンタインデーに発表されるそーなので心して待ちましょう。きっとビビってたじろぐ面子でしょうから。


おまけ画像
「LIFE BOWL TOUR07-08 "for beautiful 不惑 in life"」最終公演から

secret photo 01

secret photo 02

すげー人いっぱいでした。
そしてこの日東京に大雪を降らせたのはハッピーらしいのでお忘れ無く。
写真は転載禁止・他言無用のこと!


本日もう一人スペシャルな方がご来店されたのですが、それはまた明日。そう、明日も書くのです!!(mai*2)


怒髪天 OFFICIAL HOME PAGE
http://www.dohatsuten.jp/





The CHOPSTICKS

 Rockin' Jelly BeanのバンドというとJackie & The CEDRICSを思い浮かべがちだけど、実はもうひとつアメリカに住んでた時にバンドをやっていて、それがThe CHOPSTICKSっていうんだけど、メンバーがRockin' Jelly Bean、Momo(RJBの愛妻でゴーデビのギター)、そしてRoy(元Excessories, Lazy Cowgirls,現Kevin.Kやら色々やってる)以上3名!プラス私の4人で結成されたパワーポップバンドだ(現在のメンバーは私以外の3名)!そのチョップスが、今週末に久しぶりにライブをする。場所はLAのMr.T'S BOWLっていう元ボウリング場のライブハウスで、このMr.T'S BOWLってクラブは元ボウリング場って言ってるけど、未だにレーンとか残ってるので、普通にボウリングできそうな雰囲気。ちなみに私が初めてスカイ・サクソンに遭遇したのもこの場所だ。
 
ライブ詳細

chops.jpg

2008 Feb 9th Saturday
At Mr. T's Bowl
http://mrtsbowl.tripod.com/
5621 1/2 FIGUEROA Highland Park 90042
The Dazes(from Japan )
Chupacobra
The Black Widows
And the Chopsticks


 今回対バンするのは日本からThe DAZES。これは私の大好きなバンドThe WIMPY'SのレーベルPOP BALL REDORDSから音源が出てるかわいい女の子3人だか4人だかのポップパンクバンド。Chupacobraっていうのは確かSCREAMING APPLEからレコード出してたPLASTIC LETTERSのメンバーがやってるんだったかな?プラレタが相当かっこいいバンドだったので期待できそう。あとThe Black Widowsは全身黒装束っていうか黒タイツみたいな衣装を着た覆面バンドで、音はファズの無いDAVIE ALLANみたいな感じのインストバンド。メンバーは元The excessoriesの連中です。ちなみにThe excessoriesのギターのリッチ・コフィーは元GIZMOSです。でまあ、それにチョップスティックスというワケなんだけど、今回はニッキ・コルベットがゲストで登場してくれるとの事!これは見逃せませんね!場所が場所だけに無理には誘わないけど、来れる人は是非来て頂きたい!(OX)





FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。