EROSTIKA BLOG

原宿にあるRockin' Jelly Bean -ロッキンジェリービーン- produced SHOP [EROSTIKA -エロスティカ-] の最新情報をお届けします。(~2008/12月まで)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




POSTER 

sold.jpg


上記2点のポスター売り切れとなりました。お買い上げ頂いた方々ありがとうございました。再発などの予定はございません。



その他EROSTIKAで取り扱っているポスターは下の画像をクリックして頂くとご覧になれます。

RJBPOSTER.jpg
スポンサーサイト




P2 -戦慄の地下駐車場-

 アメリカにおいて、地下駐車場での犯罪率というのはかなり高いようで、大体どこもセキュリティーがしっかりとしているものだけど、それでも起きてしまう犯罪は後を絶たない。私も以前いつものように仕事を終えて、駐車場に停めてある自分の車に向かう途中、ウッカリと死体と遭遇してしまい、容疑者として拘束されてしまったり、ショットガンを突きつけられたり、駐車場内で運転を誤って知らない人の車にこすってしまったりとトラブルには何度も巻き込まれた経験がある。わずか3年ばかしアメリカに住んでいた日本人がこれだけの目にあっているのだから、現地のアメリカ人にしてみれば地下駐車場というのはまさに恐ろしい場所なのであろう。その分セキュリティーもしっかりしている所が多いので、その点では安心だが、当の警備員がイカれたヤツだったら、これは大変な事になる。

p2.jpg

 先日DVDで見た映画「P2」は、まさにそういう映画。主人公はNYのオフィスに勤める独身のキャリアウーマン。クリスマスイブにまで残業してしまい、全くいやんなっちゃうわなんて言いながら、それでも何とか仕事を終わらせて家族の待つ家へと帰ろうと誰もいない地下駐車場へと向かう・・・タイトルにある「P2」っていうのは「Parking Floor 2」の略で、この映画における惨劇はまさにこのP2で起きるのだ!
 監禁!拷問!殺人!怖い!誰か助けて!フッフッフ・・・どんなに叫び声をあげたって無駄だよアンジェラ・・・不敵に笑う男。そしてなんとエルビス・プレスリーが!!

 この映画は5月から全国で公開になるのであまり内容については触れないようにするけど、頭のおかしい警備員と対決する主人公の気丈さは、現代のOLさんなんかはかなり共感できるのではないだろうか。是非この映画を見て、世の中に溢れるセクハラ野郎やストーカー野郎をぶっ飛ばす術を身につけて頂きたい。(OX)

映画「P2」オフィシャルサイト
http://www.p2-movie.jp/



FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。