EROSTIKA BLOG

原宿にあるRockin' Jelly Bean -ロッキンジェリービーン- produced SHOP [EROSTIKA -エロスティカ-] の最新情報をお届けします。(~2008/12月まで)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Let's grab some human fresh!!

 私と同じくらいの年代かちょい上くらいの方ならわかって頂けると思うんだけど、80年代はちょうどレンタルビデオを全盛を極め、やたらと映画もたくさん作られた時代だ。私はちょうどその頃小学生くらいで、初めて借りたビデオは「サボテン・ブラザース」だったんだけど、そのビデオ屋の中に、幼心にものすごく興味のあるビデオが置かれている一角があり、それが気になって気になって仕方なかった。その気になるビデオというのが、「世界残酷物語」や「ジャンク」、「デス・ファイル」などのいわゆるモンド系映画だ。小学生のくせに、などと思われるかもしれないが、確かにその頃は小学生の間で「ショック映画」というジャンルの流行がしかとあったのだ。これは秋田書店から発売されている日野康一氏著「ショック残酷大全科」などを見て頂ければわかると思うが、人肉に貪りつくどっかの原住民や、奴隷として扱われる黒人の写真や、そのものずばりの死体の写真などが多数掲載され、その横には「したいをかるく火でいぶす」とか料理本みたいなコメントが書いてあったり、ゲテモノ喰いの文化として中国人が犬を食べている写真が掲載され、その横には「珍味!珍味!好!好!」などと適当なコメントが書いてあったりする。

chen.jpgかなり適当なアテレコ

 テレビ番組にしても雑誌にしてもおおよそタブーという言葉があまり意味をなしていなかったようで、かなりこういった差別的とも捕らえられかねない内容の番組なんかが多数放送され、それらは子ども心には当然映画でも一緒だった。それらのショック映画の中でも一際話題にのぼっていたのは間違いなく「食人族」だろう(個人的にはカランバも捨てがたいが、これは諸事情があって劇場公開はおろかDVD化もされていない)。この映画が画期的だったのは、やはりエセドキュメンタリーというスタイルを確立、というか世に知らしめた映画なのだ。最近では、NY市街を破壊しまくる怪獣を手持ちカメラで撮影した(という設定の)映画「クローバー・フィールド」や、1999年に公開された、森に住む魔女を題材にしたドキュメンタリーを撮影しようとして行方不明になった学生の残したフィルムには、衝撃の映像が残されていた!(という設定の)として話題になった「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」。あるいはホンモノのスナッフ(殺人)フィルムという触れ込みだった「SNUFF」や、国内でも宮崎勤が見ていたビデオとして話題をかっさらった「ギニー・ピッグ」などがある。まあ、エセドキュメンタリーの究極の形が劇映画になるので、これはかなりプリミティブな手法とはいえるんだけど。


syoku.jpg食人族の一場面

 で、この食人族はどんな映画かというと、アマゾンの奥地にドキュメンタリーを撮影しに行った撮影隊が行方不明になり、その残されたフィルムには原住民による食人シーンやレイプシーン、さらに撮影隊の蛮行などが克明に記録されていた、というもの。今となっては映画の内容は非常にチープに見えるかもしれないが、この映画がどれだけ私に衝撃を与えたかは計り知れないものがある。たとえ他人に嫌がられたとしても、串刺しになった女性がでかでかと描かれた食人族Tシャツを愛用しているのも、その表れといえよう。
 その映画「食人族」が、なんと25年ぶりに劇場公開になるのだ!そして劇場は当然渋谷シアターNだ。これは、絶対に見に行かねばなるまい。 

shokujin.jpg
 そして、今回ジェリービーンにどうしてもとお願いしたのがこの食人族のイラスト「Let's grab some human fresh!!」だ!このPOPさどうですか!食人もいまやこのくらいオシャレにヒップでなければいけませんね!表参道に食人カフェができるくらいの勢いです!これは本気で流行りますよ!9/13~シアターN、EROSTIKAおよび一部DEALERさんでTシャツ販売開始になります!詳細はまた後ほど!(OX)
スポンサーサイト




【2 O'CLOCK CLUB】

2oclock.jpg


【2 O'CLOCK CLUB】
-Premium Rock'n'roll Lounge-

2008.9.17(Wed)
START 23:00-TILL 5:00
AT: “Shinjuku CLUB WIRE”
AD: 2000YEN(1D)

【Live on Stage】
THE DREXEL(24:30~)

【Dee Jays】
GO FROM TOKYO(THE BASH)
EDDIE LEGEND(HELL-RACER)
Mr.DEATH(STROLLING AFTER DARK!)
WILD OX(EROSTIKA)
TSUNE(ROLL)
TOMONARI(Attractions)

Imfomation:Attractions 03-3408-0036(mail:afrbtl2006@yahoo.co.jp)


 Attractionsトモナリ君とGoさんのイベントでレコードまわします。スワンク仲間のデスさんやROLLツネ・ファントム氏も一緒なので楽しそうですね。平日のオールナイトですが遊びに来て下さい!(OX)



RAW/FAST RECORDS T-SHIRT

rft.jpg
RFT-001 RAW/FAST RECORDS T-SHIRT
COLOR - BLACK
SIZE - XS(SOLD), S(SOLD), M, L(SOLD)  ※Mのみ若干残ってます!
PRICE - 3,150YEN

【SPEC】
S 身幅/46CM 着丈/67CM
M 身幅/52CM 着丈/70CM
L 身幅/56CM 着丈/78CM
XL 身幅/60CM 着丈/79CM


 Rockin' Jelly Beanが主宰するパンクレーベルRAW/FAST RECORDSのTシャツが発売になりました。シンプルながら、ジェリービーンらしさとパンクなアティテュードを醸し出していますね。



RFSET.jpg
RFT-002 RAW/FAST T-SHIRT & ERAZER CD
SET INCLUDES
●RAW/FAST RECORDS T-SHIRT
●ERAZER/RAMPAGE (CD)

PRICE - 4,515YEN

 更に、WEB限定で先日発売されたERAZERのファーストアルバムCDをTシャツ付で限定販売いたします。

※CDのみご購入希望の方は下記リンク先で購入できます。
http://erostika.blog65.fc2.com/blog-entry-329.html



 購入を希望の方は、EROSTIKA店頭までお越しいただくか、お問い合わせ下さい。

 また、近所にお取り扱い店のない方は通販も承っております。ご購入を希望の方は、下記項目を明記の上、 order@erostika.net までご注文ください。
※注)代引きの場合商品の合計金額の他に、お住まいの住所と商品の合計金額によって送料と代引き手数料が別途かかりますので、あらかじめご了承ください。詳しくは こちら をご覧下さい。


●郵便番号(半角):
●お届け先住所:
●電話番号(半角):
●氏名(フリガナ):
●ご希望の商品名:
●ご希望のサイズや色:
●商品の受け取り方法「代引き」か「店頭で引き取り」か:



Mitch O'Connell

mitch2.jpg

 先週は大久保のTHE GHETTOにて行われたMitch O'Conellの展覧会に遊びに行ってきた。場所が元ラブホテルってだけあってかなりいかれた建物だ。建物自体はともかく、基本的にホテルの構造はそのまんま、ホテルの部屋の中をそれぞれお店に改装というか改造してあるので、やたら入り組んでたり強引に壁をぶちぬいた痕跡があったりしていてすごい!
 展示してある絵もオリジナルのオイルペインティングからポスターまでたくさん展示してあるのでファンは行ったほうがいいですね。Mitch O'Connellは大変気さくな方で、EROSTIKAにも行こうと思ったんだけど場所が見つけられなかったんだよ!と(リップサービスかもしれませんが)仰ってくれて嬉しかったですね。次の展覧会の予定は来年のサン・ディエゴで行われるコミック・コンベンションだそうだ。多分行けないと思いますが。イラストレーターのKRNPXさんも当然のように来場しておりまして、久々にお会いできました。(OX)

mitch.jpg


 下記リンク先で、かなり傍若無人なミッチーの東京滞在中の写真が見れます。なんか見たことある人も写ってますね。
http://viewmorepics.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewPicture&friendID=80550122&albumId=2316176



FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。