EROSTIKA BLOG

原宿にあるRockin' Jelly Bean -ロッキンジェリービーン- produced SHOP [EROSTIKA -エロスティカ-] の最新情報をお届けします。(~2008/12月まで)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 「静岡ロックンロール組合」

 もう一年以上前になるんだけど、DECKRECのネモトさんから教えてもらったバンド「静岡ロックンロール組合」がとにかくすごい。

静岡ロックンロール組合その1



静岡ロックンロール組合その2



 このバンドの説明などは、以下のDECKRECホームページから抜粋した文章を是非読んでいただきたい。

(以下、DECKRECのホームページより引用) http://sound.jp/deckrec/frameset.html

 「60年代~70年代、欧米のロック・ミュージックの洗礼を受け、わが国でも自分たちの国の言葉で「ロック」を演奏し始めたグループが出現し始めた。村八分、外道、はっぴいえんど、カルメンマキ&OZ、フラワー・トラベリン・バンド、サディスティック・ミカ・バンド、キャロル etc・・・さまざまなグループがメジャーのレコード会社と契約を結んで活動し、日本ロック史に名前を残した。  それらのロック・グループの認知度も評価も定着した感のある現在、近年マニアの間で熱い視線が送られ再評価が目覚しいのが、70年代邦楽の「自主盤」である。インディーズという観念が無かった「プロ」と「アマチュア」の境目がハッキリと区別されていた時代。米英国ですらパンク・ムーブメント前夜。そんな時代に、「DO IT YOURSELF」の精神で、自分たちの作品をメジャーのレコード会社に頼らず(相手にされず)発表していたグループが小数ではあるが、日本全国に存在していた。それらのグループの殆どは当時日本のレコード会社が理解するには、イビツで尖がっていて、生々しく、未熟(純粋)であった。今回紹介する「静岡ロックンロール組合」最初で最後のアルバム「永久保存盤」こそ、その「自主盤」の中でもとびっきりの原石であり、現在の価値観を持って接した場合、国宝級な宝石の大発掘である!  1973年(昭和48年)静岡県の高校生が、完全自主制作した完全D.I.Yスタイル!純度120%のティーンネイジ・ロック!思春期が生み出した妄想ブルース!耳に残って離れない独自の語感を持ち、学校では教えてくれないことを歌った、ひらがなロックンロール!ハードロックやプログレ、フォーク・ミュージックが全盛だった時代に、先祖返りをしたような原始的なロックンロールと、ルーズなブルースを、初期衝動と怒りをこめて爆音でプレイした。このグループにはヴォーカルが2人存在していて、ひとりは不出世で不世出のロック・シンガー「シャン」。変声期を終えたばかりのような子供声でのシャウトは、まるで世の中のすべてを笑い飛ばし吐き捨てているようだ。そしてもうひとり、シャンとは対照的にしゃがれた喉を搾り出すようなブルース・シンガー「チャーリー」。その唸り声は、マックラ闇な青春への恨み節にも聞こえる。「東の村八分」「早過ぎたRCサクセション」との異名を持ち、オリジナル盤は、現在10万円前後の高値で取引されているウルトラ激レア盤!日本のロック史では語られなかった名盤!なお今回はマスター・テープから発見されたオリジナル盤には未収録の、チャック・ベリーの名曲「メンフィス・テネシー」の日本語カバーをボーナス・トラックとして収録!35年の月日を経て、デジタル・リマスター盤として、2008年秋DECKRECより奇跡の再発! 」


 この「静岡ロックンロール組合」のCD発売は11/5!これは買っといたほうがいいぞ!(OX)
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://erostika.blog65.fc2.com/tb.php/584-111c9bb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。