EROSTIKA BLOG

原宿にあるRockin' Jelly Bean -ロッキンジェリービーン- produced SHOP [EROSTIKA -エロスティカ-] の最新情報をお届けします。(~2008/12月まで)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




4 YOU MAGAZINE

 地方限定のファッション雑誌っていうのが結構あって、関西や東海地区限定のSPY GIRL(女性誌)やSPY MASTER(男性誌)、仙台限定のCOLOR他たぶんもっとたくさんあるんだと思う。その中でも、三重県限定の雑誌で「4 YOU MAGAZINE」というのがあって、その雑誌の6/25発売号にROCKIN' JELLYBEAN氏とYOICHIRO氏との対談が載っていた。私はこのYOICHIRO氏の事はよくわからないし、絵も見た事はなかったんだけど、その対談の内容を読んでみると、ジェリービーンもさる事ながら、このYOICHIRO氏の発言がまた表現者たりうる内容で、絵を見る前から氏の仕事ぶりに期待が膨らんでしまった。
 で、こういうクリエーターっていうか、表現者たちっていうのは、基本的に私のような普通の人間から見るとやはり変わっているというか、実にサムシング・ウィアードな部分を持っていて、それがまた羨ましいのである。
 モノの価値っていうのは、おおざっぱに言うけど、どれだけの金を費やしたか、どれだけの時間を費やしたか、そこに収束されるので、私なんかはいつもどれだけ高い金を払ってレアな7インチを買ったか、何百回ターンテーブルの上でそのレコードをまわしたか、TAXI DRIVERのトラビスのセリフをどれだけ正確に真似できるか、そんな事でしかモノに対する愛情を表現すことはできないけれども、表現者は違うんだね!絵を描くことが出来る人は、どれだけ素晴らしい絵を自分の好きなものに対してささげる事が出来るか。音楽をやっている人はどれだけ素晴らしい曲を自分な好きなものに対してささげることができるか。そこに価値を見出すことができる。
 まあ、これは好きなものに対する気持ち、というものにフォーカスした話なので、クリエイターの人たちが創るモノとは全然別なので念のため。

 このジェリービーンとYOICHIRO氏との対談を読んでみたい人はこちらのオフィシャルページから買えるんじゃないかな?(OX)

http://www.4youmag.net/
スポンサーサイト

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://erostika.blog65.fc2.com/tb.php/59-a15dca8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。